その他の西宮神社情報は>>


 新しい年が明け、もはや毎年の恒例となりました、ゲッチュ!年初め最初の取材、西宮神社さんの「十日えびす 開門神事福男選び」。今年は例年の企画、『水稀琉士亜先生と福男(女)をゲッチュ!』は、水稀先生がお忙しくて、参加できないとのことでしたので、企画を変更し、『十日えびす 開門神事福男(女)をゲッチュ!』と題し、9日の「宵えびす」から、10日の「開門神事福男選び」、そして十日えびすの日に、神社会館で、淡路人形芝居「戎舞(えびすまい)」をされた、「淡路人形芸舞組」の淡路人形芝居の様子を、密着取材させて頂きました。

 今回も西宮神社様に、全面ご協力を頂きまして、ゲッチュ!スタッフ一同、本当に感謝いたしております。それでは、「ゲッチュ!突撃レポート!」を、今年は、ダイジェスト版でお伝え致します。

 全国のえびす神社の総本社として古くから崇められている、兵庫県西宮市の、西宮神社の「十日えびす」は阪神間における最大の祭典として広く全国に知られ、『商売繁盛、家内安全』と、前日9日の『宵えびす』から11日の『残り福』まで、日本全国からたくさんの参拝者が集まり、阪神西宮駅周辺から、商店街、西宮神社境内まで露店も沢山あり賑わっています。

 ゲッチュ!取材スタッフは9日のお昼過ぎに到着しました。今年は平日ということもあり、早い時間はまだ参拝しやすかったです。西宮神社の関係者の方々にご挨拶をして、本殿へお参りをし、のんびり境内の露店を見て周りました。

昨年12月に復興した赤門前の大鳥居。明るい時間は、まだ参拝しやすいです。 境内には、露店が、所狭しと並びすごく賑やか!子どもの頃を思い出します。 『えべっさんの酒』の販売の所で今年もえべっさん発見!福福しい笑顔です♪
拝殿(本殿)前は、やはり参拝者がたくさん!参拝前に頭にお祓いをします。 今年の招福大まぐろは2m55cm、295kg
でした。昨年よりさらに大きいです。
今年の取材で紹介しました「特大ケーキ」も沢山の参拝者が見ていました。
本殿前は、すごい数の参拝者で身動きが。。。 福笹を授与する福娘。授与されたら拝殿近くの吉兆店で縁起物を付けましょう 楽しんでいたら暗くなってきて、さらに参拝者が増えてきました。
 日が変わり10日夜の0時頃、赤門や全ての神門は閉ざされ、忌籠(いごもり)神事に入りますが、今年も「開門神事福男選び」の赤門前のスタート位置決め抽選会が、境内北東に位置する「西宮神社会館」前にて行われます。この抽選会は、2年前から行われています。テレビのニュースやワイドショー等でも、放送されていますので現地の熱気はお分かりだと思います。

 ここ数年、開門神事の過熱な話題ぶりからか、今年も抽選会には800人以上の走り参り参拝者、そして昨年以上に全国から沢山のテレビ取材の人たちが来られていました。それでは抽選会の様子をレポートしてみましょう。

23:40:若戎会の方が抽選会の説明。この時点で、850人以上が集まり、当たりは108名なので、実に8倍の確率です!まず抽選に当たらないとね。 抽選前にインタビューをした真ん中のAさんは4年連続の参加。去年は抽選に外れてしまい朝から仕事だったので開門の6時に会社へ走ったそうです(笑) 昨年に続き抽選会に、ご協力されておられる荒川さんへご挨拶。荒川さんは「開門神事福男選び」の研究もされてる方です。よろしくお願いします!
出ました!今年も割り箸に赤い印と抽選番号が書いてるのが当たりです。特製の抽選箱に入れ引いてもらいます。 0時:抽選開始。昨年もそうでしたが、中々当たりが出てきません。。。0:07分やれやれ当たりが!55番です。 1時:一番クジを引いた幸運な武内さんは、初参加。「正直ビックリです。ポジションは最前列の真ん中を選びます!」
平成17年度の一番福、石田さんも抽選に当たりました。「今年は39番です・・・もう帰ろうかな(笑)1年半運動していないし、運試しに来ました」 3年連続出場の京都の中学生、猫吉さん(受験生)今年は抽選に当たりました(96番)「福男になって、志望高に受かりたいです。転ばないように頑張るぞ!」 くじに当たった参拝者が拝殿前で場所決め待ち。他に、1時間並んで2番を当てた、加藤さん「とりあえず6時まではウォーミングアップして待ちます!」
1:30:今年は引き続き、赤門前の場所決めをしました。抽選に当たったみなさん、良い場所を選べたかな? いつもお世話になってる西宮神社広報担当の堀川さん。今年は早朝4:30の赤門前での「お祓い」の大役をされます。 2:00:無事抽選会を終え、先ほどまでの賑やかな雰囲気はなく、厳粛な雰囲気の境内。赤門開門まであと4時間!
 10日早朝4時30分、抽選会で当たったAブロックの108名が赤門前集合。Bブロック(200名)、Cブロック合わせ開門神事参拝者の数は合計2,000人以上集まり、今年は、「開門神事福男選び」の意義や、注意事項を神職から説明後、参拝者の皆さまへお清めのお祓いをされていました。それでは開門前の雰囲気から開門、結果までの様子を一気にレポートしてみましょう。

4:30:赤門前はたくさんの参拝者で一杯です。お祓いは見れませんでした。。。 反対側の境内は静か。赤門の紅色がライトに照らされ闇夜に浮かんでます。 しっかり閉ざされた赤門。本殿では、十日戎大祭が厳粛に行われています。
5時:赤門内にて宮司による祈祷。みなさまケガのないようにお参り下さい。 5:30:赤門前は参拝者で、溢れていました。今年は誰が一番福に!? もうすぐ開門。今年は気温もそんなに寒くないのでベストを尽くせるでしょう。
拝殿内は静まり返り、今年の福男を待ちます。 三番福まで、掴む大役をされる神職の皆様。心の準備は大丈夫でしょうか? 6:00:開門!一斉に境内に流れ込む参拝者!今年は写真がブレすぎました。
本殿に一番に入ってきたのは!もしかして昨年の? そうです、今年の一番福は、2年連続の粂さんでした!おめでとうございます! 名前や住所を記入して、本殿にて報告祭です。しかし断トツでしたね今年も。
さあ本殿に三人の福男が登場です。盛り上がりもピークに! 二番福の奥野さん(左)、三番福の東井さん(右)と御神体に報告。 本殿外からは、福男コールが響き、早朝なのにこの盛り上がりは凄いです。
福男の賞品の樽酒、米俵、八喜鯛をかざし参拝者のみなさんへご報告! 三人の福男が鏡開きをして、参拝者へお神酒を授与。勝利の美酒ですね。 報道インタビューで全国へもご報告。今年も無事終了しました。
 開門神事は、この3年程くじ引き抽選での赤門前の場所決めになり、2年連続は難しいのでは?と思われた一番福を、なんと!連続認定された、粂さんは、かなりの幸運の持ち主ですね。一番福を2年連続で認定されたのは、10年ぶりです。後で、テレビのニュースでも見ましたが断トツの走りっぷりでした。また、二番福の奥野さん、三番福の東井さんもお見事です。三人の福男さん、福をみなさんにお分けくださいね!!

 ちなみに、ゲッチュ!絡みの参拝者、猫吉さんは開門時と途中で、転びかけたにも関わらず108番以内に入れたとか^^
 今年の三人の福男の方々は、社会人スポーツマンですが、例年の陸上関係では無く、野球・サッカー・バスケットボールでした。新しい時代の風を感じました。それでは、平成19年度の福男の三人にインタビューしてみました。

「平成19年度開門神事福男選びの結果」おめでとうございます!!

一番福:粂 良太さん
(加古川市)

甲子園大会に出場経験のある元
高校球児の会社員。2年連続一番福
二番福:奥野 始さん
(宝塚市)

宝塚消防本部勤務で神戸の
サッカークラブ所属。初参加
三番福:東井 重樹さん
(川西市)

川西消防本部勤務でバスケット
ボールのクラブチーム所属。初参加

 去年の1年は仕事で怒られっぱなしだった。髪も長いと言われ、切りました。今年は頑張って怒られないようにしようかなと思います。
 去年は13番で今年は11番の背番号だったのですが、去年は他の人のユニフォームで今年の11番が自分の正規の背番号です。抽選も11番で何かピンと来るものがありましたね。ちなみに(縁担ぎ?)ポッキーを食べてきました。
 去年は福男選びに連れてこられたって感じで、今年もまた、連れて来られました。2回一番福になったのでもう充分。来年はよしておきます。

 途中まで一番でしたが、抜かされて福を取り損ねたなって感じです。しかし、初めての参加で自分なりに頑張ったと思います。
 福男になる自信は、参加自体が初めてなので要領も分からなくただ、がむしゃらに、転ばないで走りぬく事だけ考えていました。
 今年は仕事もがんばり、家族の健康を第一に考えていきたいです。
 参加のキッカケは全国的に有名な行事でもありますし、自分自身向上心があるのと、新しい物に挑戦したかったので参加しました。

 初めて参加したので要領も全然分からなかったし、最初抜けたらひょっとしてイケるかな?と思っていたら上手いこと抜けれたので三番福がとれました!
 参加のキッカケは、前から参加はしたかったのですが仕事の都合などで参加できず、今年はたまたま休みでしたので、記念に参加しようと思い参加しました。
 去年は別に良くも悪くも無かったのですが、今年は福男になったと言う事で、去年より良い年になると思います。
 今年の福男の三人にプレゼンターを勤めた「戎人形」を持った記虎篤史さんは、淡路人形の発展を願って活動している、昨年8月に結成した、兵庫県南あわじ市にて、学生時代に部活動で淡路人形浄瑠璃に取り組んだ経験者や現役高校生など、現在21名で活動している「淡路人形芸舞組(あわじにんぎょうげいぶぐみ)」の方で、開門神事では、「戎人形」を走らせました。(もちろん危険なので最後尾に「残り福」ということで走られました)

 「淡路人形芸舞組」は、淡路人形を遣い、一つの舞台を作り上げる事で、お客様に喜んでいただき、また自分たちも嬉しくなる。そして、自分たちが人に思いやりを持ち、人として成長していきたい。と淡路人形後継者が少なくなっている現状を、自分たちが出来る範囲で何とかしたいという思いで活動されています。

 今回は、「十日えびす大祭」の10日に、淡路人形とかかわりの深い西宮神社で人形芝居「戎舞」を10時から合計8回(西宮神社会館2階にて)公演されるということで、さっそくゲッチュ!でも引き続き、取材させて頂きました。

お酒好きなえびすさま。何杯も飲んでいます。会場は笑顔で観覧していました。 太鼓と語りは、女性三人が元気一杯に演じています。 戎人形を遣っている記虎さん。えびすさまが、本当に生きてるような動きです。
戎さまが、鯛を釣り上げると会場内は拍手喝采!この時願い事をしましょう。 公演を終えると、会場のお客さまと人形のふれあい。みなさんえびす顔ですね。 淡路人形芸舞組のみなさんと記念撮影。これからも頑張って下さい!

◆淡路人形芸舞組 連絡先/TEL:090-5121-4625 FAX:0799-55-1792(担当/金山)◆

インフォメーション

平成19年度十日えびす 開門神事福男(女)をゲッチュ!
◆平成十九年一月九日(火)〜十日(水)

  【関連サイト/ゲッチュ!突撃レポート!】
平成18年度「第弐回水稀琉士亜先生と福男(女)をゲッチュ!」
平成17年度 「水稀琉士亜先生と福男(女)をゲッチュ!」

  【関連サイト/ゲッチュ!取材ページ】
平成19年度「西宮神社の百太夫神社祭と十日えびす大祭」
平成18年度「西宮神社:西宮まつり 船渡御 かざまつり」
平成18年度「西宮神社の初詣と十日えびす大祭」
平成17年度「西宮神社の十日えびす」
平成16年度「西宮神社のえべっさん」

西宮神社 社報「西宮えびす」のホームページ
 http://www.decca-japan.com/nishinomiya_ebisu/


HOME
Copyright © 2003−2017 DECCA JAPAN All Rights Reserved.